ブラックダリア

海外セレブ、セレブの私服、ファッション、ゴシップなどを紹介

海外セレブやトレンドファッションを紹介

uk_i_pix_201
9日の土曜日にカナダのトロントで開催された『iHeart RADIO Jingle Ball』に出席した歌手のファーギー(Fergie)
11年ぶりに2枚目のスタジオアルバム『ダブル・ダッチェス』をリリースした。
「エロ過ぎ」「牛乳を無駄にするな」とMVが話題になった楽曲『M.I.L.F.$』に続く楽曲『A Little Work』のMVが公開された。
MVの内容はファーギーの実話に基づいており、以前にメスフェタミンによる薬物中毒で精神病に苦しんだことを『Extra』で語った。
「どん底時代、(中毒によって)精神病と認知症に苦しんでいました。」
ファーギーは2001年にガールズグループ「ワイルド・オーキッド」を脱退後、薬物中毒にはまって行ったという。
「座ってたらそこらへんでハチやウサギを見る。」「毎日幻覚を感じて、止めるまで1年かかりました。」
「楽しい地獄だった。けれど、それに感謝します。それが私の強み、信念、希望なのですから」と話した。
もはや、珍しくも何もないセレブやスターのドラッグ依存。
ファーギーの過去のドラッグ中毒はファンには知られており、話をしたのも初めてではない。

8年連れ添った夫のジョシュ・ジュハメルと離婚し、今年色々あったファーギー。
テレビ番組に出演した際に涙をこらえながら語った。
「私はアルバムをリリースしてプロモーションしています。だから、公表する前に離れて自分の立場を見出だしたいと思っていました。」
また、ファーギーは「ブラック・アイド・ピース脱退」という噂を否定。
アルバムを作る機会があると主張しました。
「私はブラック・アイド・ピースを去ったことはありません。私達が壊れたこともない。休憩していると思う。私たちは家族。それは永遠です。」
バンドもやって、ソロ活動もやる時間がない!と語っていました。
uk_i_pix_201

uk_i_pix_201

uk_i_pix_201

ジャージ『Off-White Tracksuit』
uk_i_pix_201




Fergie-in-Denim-Shorts

Fergie-in-Leopard-Coat

Fergie-in-Red-at-Linate-Airport

uk_i_pix_201






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット